トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 第49巻 「ポルポの遺産を狙え!」

#049

「6億は、オレたちのものだッ!
そのカネがあれば、「幹部の座」が手に入るッ!
オレたちが、その「金」を手にしなければ、他の者に奪われるッ!」

―ブローノ・ブチャラティ


第49巻 「ポルポの遺産を狙え!」 1996/9/9刊行
週刊少年ジャンプH.8 18号~H.8 27号(第455話~第463話収録)



パッショーネのギャングをのし上がり、逆に支配し、

自らが街を浄化するために。

ギャングの入団試験を受け、合格したジョルノはいよいよ、

ブチャラティのチームの一員となります。

一筋縄ではいかない仲間達にも認められるために、

ジョルノだけではない、ブチャラティのチームの活躍が始まります。

#049_1

第455話「ギャング入門 その⑥」

スタンド使いを生み出すポルポのスタンドを倒したジョルノ。

しかし康一によれば、遠隔自動操縦スタンドは、

倒すことが絶対にできず、ライターの再点火で再び現れるだろうと言うのです。

弓と矢のがイタリアにある事を知った康一は、

承太郎にそれを電話で伝えようとしますが、

敵はギャングという組織であり、このことが漏れるわけにはいかないと、

ジョルノに止められるのでした。


ジョルノ・ジョバーナがギャング・スターにあこがれている。

と知った康一は、驚くというよりも呆れるようでしたが、

「ジョルノの話の中には『正義の心』があったんだ。
ぼくはいつも『それ』を見ていたからわかるんだ…。
杜王町でジョースターの血統を受け継ぐ『3人』を、
いつも見ていたから。
『正義の心』が、まるで自分のエネルギーだとでも、
いわんばかりのあの3人を!」



ジョルノにその精神があることを知った康一。

彼がこの後、どう行動を取ったのかは、本編には登場しないので不明ですが、

ジョルノの正義の心を認めたのは確かなようです。


翌日、ポルポに点火したままのライターを返し、

ギャング入団を認められるジョルノ。

しかし、自分をいいように利用しようとし、

人の命さえも平気で奪うポルポに下したジョルノの『正義』は冷酷なものでした。


「『侮辱する』という行為に対しては、殺人も許されるだって?
なるほど、…おまえのいうことは本当に大切な事だ。
おまえは、あの無関係のじいさんの、
『命を侮辱した』

だから、おまえの拳銃を1丁、バナナに変えて来た。
最後の食事、良く味わって食べるといいぜ」



さわやかな外見とは裏腹に、大胆で冷酷な一面も見せるジョルノ。

ポルポは拳銃自殺のように死に、弓と矢の矢も破壊されるのです。

第456話「5プラス1」

#049_2

ポルポが自殺しようとも、ブチャラティのチームに入り、

ギャングに入門する事になったジョルノ。

しかしパッショーネの組織では、ボスの正体が、

名前も素性も全くの不明であり、近づくには、信頼がいると、

ブチャラティに警告されるのです。

更に恐ろしい事をしてのける、麻薬や暗殺のチームもあり、

同じ組織でありながら関わりあいになりたくない、のだとか。


ブチャラティのチームは他に4名、

全員スタンド使いではあるものの、信頼されなければ、

スタンドの能力も姿も見せないだろうとジョルノは言われます。


さっそく、チームのメンバー、アバッキオに、

新人いじめを受けるジョルノですが、それを軽く退けたジョルノは、

少し面白いやつ、程度に思われるようになるのでした。


第457話「ポルポの遺産を狙え!」

#049_3

ギャングながら、街を守っている人として、

街の彼のなわばりの人望は、ギャングながら相当なものでした。

しかし一人の老婦人から、息子が暴力を振るい、

麻薬を持っているということに、戦慄するのです。

何とかしてみせる、というブチャラティですが―?


パッショーネのメンバーらしい、別のチームの怪しい二人組は、

ポルポが自殺した事の噂が広まっており、

彼の隠し財産6億円が、フリーなカネになった事から、

誰かがそれを奪い取れば幹部になれると言っているのでした。


そして、ブチャラティが最もポルポから信頼されており、

ブチャラティが遺産を回収しに動くだろうと言うのです。

二人組の一人、ズッケェロは、先走って行ってしまいますが、

彼等もスタンド使い、ブチャラティ達もスタンド使いなのです。


ジョルノが入ったブチャラティのチームは、

ヨットでネアポリス近郊の島、カプリ島へと向かい、

ポルポの遺産を安全に回収しようとしていました。


「6億は、オレたちのものだッ!
そのカネがあれば、「幹部の座」が手に入るッ!
オレたちが、その「金」を手にしなければ、他の者に奪われるッ!」


カプリ島のどこに隠したかは言わないブチャラティ。

しかしその時、仲間の一人、ナランチャが、

何かに引きずり込まれるように姿を消してしまいます。


第458話「ソフト・マシーンの謎 その①」

#049_4

海上のヨットという閉鎖された空間で、

消えていくブチャラティの仲間達。

ナランチャに続き、ミスタ、フーゴが忽然と姿を消し、

この異様な出来事にブチャラティはスタンド使いの攻撃であると、

そして自分達がポルポの遺産を回収する、

その6億円の横取りをしようとしていると確信します。


ジョルノはゴールド・Eの能力で、ナランチャの靴を蝿に変え、

彼らがまだ生きており、何らかの形で姿を消している、

ということを証明してみせます。


ブチャラティは、仲間のアバッキオなら、

彼のスタンド能力で、敵の能力も居場所も分かるだろうと言うのですが、

「おれは、こんな信用できねーヤツの前で、
自分のスタンド能力を、簡単に見せるわけにはいかない。
ブチャラティ…、おまえはこいつのどこを信用してるのか知らねーが、
おれはこいつと仲間になったつもりはねーぜ」


アバッキオはジョルノの前で、スタンドを見せることはしない。

ならばと、ジョルノは、自ら、わざと敵に襲われ、

彼自身も姿を消して、アバッキオがスタンド能力を使えるようにと、

してみせます。

「ジョルノ・ジョバーナ!! こいつ…、クレイジーな野郎だな…、
証明するためにか?
どうかしてんじゃあねーのか!」


ヘタをすれば死ぬかもしれない。

そんな大胆なジョルノの行動に驚愕しながらも、

アバッキオのスタンドが現れようとします―。


第459話「ソフト・マシーンの謎 その②」

#049_5

ジョルノも敵によって姿を消し、

残るヨット上のメンバーは、ブチャラティとアバッキオのみ。

このままでは、自分達も襲われる、と、

アバッキオはヨット内に潜む敵を捜すために、

自分のスタンドを起動させます。

その名は、「ムーディー・ブルース」

人型のそのアバッキオのスタンドは、人にできた起きごとを、

スタンドがそのまま再現してくれるという能力の模様。


5分前にナランチャに起きた出来事を再現し、

まるで風船をしぼませるようにさせ、排水口の中に引きずり込む、

敵スタンドの能力を明らかにするのでした。

#049_6

『ムーディー・ブルース』 本体-レオーネ・アバッキオ
【破壊力-C / スピード-C / 射程距離-A(再生中に限る) / 持続力-A / 精密動作性-C / 成長性-C】

『能力』
特定の人物に対して起きた『過去の出来事』を、録画したビデオのように、
再生して見ることができる能力。
スタンドの動きも再現できるものの、能力までの再現はできません。
しかしながら、過去であれば、アナログビデオテープのように、
巻き戻しに時間はかかるものの、どこまでも過去を追跡できるのだそうです。
再生中のスタンドは防御も攻撃もできず、コントロールも不可能です。

『能力特化型』
人型の姿をし、人間なみのパワーとスピードはありますが、
格闘戦に向いているというわけではなく、その再生の能力を生かすスタンドです。
これは、アバッキオが、元々は警官であり、
警察の捜査という行動が能力に現れたのではないかと思われます。


第460話「ムーディー・ブルースの逆襲 その①」

敵スタンドの能力と、攻撃方法を暴いたアバッキオ。

このまま狭いところに自分自身をも隠し込み、

人質を取っている敵を叩く。と、

アバッキオはスタンドでの追跡を開始します。


しかし、狭いところに潜んでいるはずの敵を、

ブチャラティがジッパーで開いてもいない。


一体どこにいるのか、大体の位置はアバッキオが分かっているにも関わらず、

まだ、更なる謎があり、そこに敵がいるとアバッキオは言うのです。

「今…、「ムーディー・B」で暗闇の壁をたたいた。
パイプの壁の音のようだ!
今…、「ムーディー・B」は、この付近のどこかにいる!
姿は見えねえが、たしかにこの下にいる!
パイプの中! パイプを切開しているのに「パイプの中」…!?」


彼はその謎を解いたようですが、敵スタンドに襲われてしまいます。


第461話「ムーディー・ブルースの逆襲 その②」

#049_7

アバッキオも薄い状態にされて、敵に連れ去られてしまった。

ついにブチャラティは一人で孤立し、

他の仲間達は人質になってしまう状態に。


そしてついに、6億円のありかを聞き出すために揺さぶりにかけてくる、

敵の人物。相手がどこにいるかも分からず、

人質も取られてしまったブチャラティでしたが、

彼は大胆な行動をとっていました。


敵がどこかにいるが、アバッキオは間違いなく船の中にいる。

彼は、敵をおびき出すために、おそらくステッキィ・フィンガーズの能力で、

船に穴を開けており、ヨットごと沈没させるのです。


「船は『2隻』あったッ!」

敵は、どうやらうすっぺらにもう一つのヨットをかぶせていたらしく、

そのもう一つの薄い中から襲撃してきたらしいのです。

ついに姿を見せた相手に対して、

シャバい脅しなど臆しなかったブチャラティ。

あっという間に現れた男を倒してしまうのでした。

#049_Soft_Machine

『ソフト・マシーン』 本体-ズッケェロ
【破壊力-A / スピード-C / 射程距離-E / 持続力-A / 精密動作性-D / 成長性-E】

『能力』
風船に穴を開けるがごとく、スタンドの針でつきさし、
どこまでも薄くしぼまさせてしまう能力。
ヨットなど巨大なものも薄く、覆いかぶせることもできてしまうのです。
薄くなってしまった状態では、人は仮死状態になるようで、
命に別状はないようです。

『近距離パワー型』
能力を生かした近距離パワー型。射程距離が短く、
多数相手ではかなわず、スタンドのスピードも、
ブチャラティの、スティッキィ・フィンガーズにはとても及ばない程度のようです。
ただ、奇襲性の高さは本編でも強調されていたとおり、
密室のような環境でこそ生きる能力でしょう。


第462話「セックス・ピストルズ登場 その①」


敵の男、ズッケェロを倒し、無事に仲間も救出したブチャラティ。

しかしズッケェロはカプリ島に向かった仲間と連絡を取っており、

その仲間は、間違いなくカプリ島に先回りしているとの事。

捕らえたズッケェロが口を割ることはなく、

このままでは6億を手にするどころか、ネアポリスへ帰る事も危うい。


そんな状況下、ジョルノは、自分が浮き輪を魚に変え、

先にカプリ島へと上陸し、敵を倒してしまう作戦に出ます。

相手の顔も知らないのにと、アバッキオには馬鹿にされるものの、

チームのメンバー、ミスタは、

ズッケェロを待ち構えているであろう相手を、先に倒すという、

ジョルノの案に賛同します。


第463話「セックス・ピストルズ登場 その②」

#049_9

ブチャラティ達よりも先にカプリ島に上陸した、

ジョルノとミスタ。

ミスタのスタンド、『セックス・ピストルズ』は6体いるスタンドで、

個性あふれる面々は、きちんとランチを食べないと働かないらしい。


「6人だ! No.4はいない。
4て数は縁ギが悪いからな。
弾丸一発につき、ひとり、ついている。」



そんなジョルノとミスタの作戦は、

ズッケェロのふりをして、マリーナの無線を入れ、

敵が出てきた所を襲撃するというもの。

ミスタが迫る中、用心深いらしいズッケェロの仲間は、

裏口から無線機に近づき、やむを得ずジョルノは、

無線機越しにミスタへと警告を叫びます。


49巻の注目点
「ギャングの内部抗争、早速の勃発」



第五部の見どころは、ギャング内の抗争、

そしてそれがスタンドによる戦いになるというものです。

早速ブチャラティチームに入ったジョルノを待っていたのは、

ポルポの莫大な遺産を巡った争奪戦。

それは地位や名誉を手に入れるための金であり、

ブチャラティの言うとおり、組織でのし上がるため。

もちろん、今回出てきたズッケェロ達も同じ野心があり、

ここに抗争が起こったわけです。


また、新たに登場したブチャラティのチームの面々、

今回スタンドが登場したアバッキオとミスタなど、

人気も心強さもある人物達の活躍も主人公のひとりとして、

見どころですね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。