トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Yes!プリキュア5 第20話 「プリキュア5歌手デビュー!?」

#420 (6)

「わたしはずっと、迷っていました。
このステージに立つことを。何故わたしは歌うのか、悩んでも答えは出ません。
でも、大事な私の仲間達が教えてくれました。
わたしの歌が、わたしの気持ちが、みなさんの心に届きますように」

―春日野うらら


Yes!プリキュア5 第20話(シリーズ通話第165話)
「プリキュア5歌手デビュー!?」

2007/6/24 現行放送



前話に引き続き、うららにスポットが当たるエピソード。

今度、うららにやってきた仕事は歌のデビューというもので、

うららが歌手になれることで、大騒ぎになるのぞみ達―。


Aパート

#420 (1)

本当に歌手デビューをしていいのか、歌詞を考えつつも悩むうらら。

勝手に横断幕などを作って盛り上がっている、のぞみや、

サンクルミエール通信の増子さんにも取材されてしまう始末。

しかし当のうららは放って置かれている状態で、

これは複雑な気持ちに。


うららは作詞も担当する事になっており、実は歌詞も書けていない状態で、

デビューするかどうか迷っているのでした。

実はまだ女優志望一本でいこうとしていたようですが、

のぞみ達の言葉で、再び歌詞を書く事を再開します。


Bパート

#420 (2)

そして春日野うららの歌手デビューと、

とある施設での発表会の場が設けられます。

イベントの当日、プリキュア達の姿を見つけたのは、

今度は警備員のバイトと割とまともなバイトをしているガマオ。


そんなプリキュア達の姿が気に入らないらしいガマオは、

うららの衣装をコワイナーに変身させ、プリキュア5に戦いを挑んできます。

#420 (5)

キュアレモネードの怒りを買ったガマオとコワイナーは、

珍しくキュアミントの、ミントプロテクションで動きを拘束される、

ということをされ、プリキュア・レモネードフラッシュによって、

打ち倒される事になるのでした。


そして戦いの後、いよいようららの初舞台になります。

その歌は、「とびっきり!勇気の扉」。

それは、うららの一歩だけではなく、

プリキュア5をも象徴しているかのような曲なのでした。


このエピソードの注目点
「プリキュア初の歌手デビュー」


#420 (1)

本作のプリキュアは5人いるということもあって、

このようなアイドル系キャラクターも登場するのが魅力。

しかしうららは女優志望であったため、そこのところで、

悩んでしまう事になるのです。

しかし両立して歌手もやっていき、

更にプリキュアもやるという、新たなプリキュア像を、

うららは確立していくわけですね。


今後、うららがどのように躍進していくのかも、

彼女のテーマになり、注目の点になるのです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。