トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「郭淮 伯済」 中国・三国時代史

『真・三国無双』
郭淮_無双7
CV:蒲田哲
『真・三國無双6』から『晋』勢力として登場。
歴戦の武将として度々『魏』の物語の後半から、
登場する事になりますが、いかんせん病弱な姿であり、
しょっちゅう咳き込んでいる姿と、弱々しい姿が印象的です。
ただ彼が病弱だったというのは、『無双』のみの設定です。

『三国志大戦』
郭淮_三国志大戦
色々な描かれ方がされる[郭淮]ですが、
こちらでは熟練の将軍として描かれ、
やはり実際、そのような事が物語では描かれています。

『ドラマ三国志ThreeKingdoms』

対[諸葛亮]の“北伐”で[司馬懿]配下の武将として登場。
以来、物語の最後まで、[司馬懿]の右腕のように、
活躍する武将として描かれます。

名:郭淮(かくわい)
字:伯済(はくせい)

ピン音:Guo Huai


所属:[曹操]→[曹丕]→[曹叡]→[曹芳]

出生:并州太原郡陽曲県
生年:不明
没年:255年(正元2年)
享年不明


<血縁者>
祖父:[郭全]
父:[郭縕]
弟:[郭配][郭鎮]
子:[郭統]
甥:[郭奕] 姪:[郭槐]
孫:[郭正]

巻26『滿田牽郭傳』[郭淮]伝

『漢』末期から『魏』に仕えて活躍した武将の一人で、

対『蜀』前線で活躍した武将として知られます。

○来歴

建安の時代(西暦196年~220年)に推挙されて、平原の丞となりました。

[曹丕]が、五官将となると、[郭淮]は[曹操]の配下となり、

《漢中》の征伐についていくことになり、

《漢中》制圧後は、[夏侯淵]の司馬としてその地に残りましたが、

実は『劉備軍』侵攻の際には病気で参戦していたといいます。


●『定軍山の戦い』
西暦219年~220年

『定軍山の戦い』で[夏侯淵]が討たれてしまうと軍は混乱したものの、

[郭淮]は混乱する兵士を取りまとめて、

[張郃]に司令官を代行させて侵攻を防ぎました。

これに[曹操]は大いに感心して、[張郃]に地位を与え、

[郭淮]をその司馬に任じたそうです。


やがて[曹操]が死去し、[曹丕]が王位につくと、

[郭淮]は“関内候”の爵位を与えられました。

何度も羌族らの反乱を鎮圧し、民衆を休んじていました。


●対“北伐”の前線で
西暦228年~234年

西暦228年、《祁山》に侵攻してきた『蜀軍』と対峙し、

[張郃]と同行した[郭淮]は、『街亭の戦い』で『蜀軍』を破ります。

この頃、[曹真]に代わって[司馬懿]が指揮官となり、

しばらくの間、“北伐”の前線で活躍することになります。


西暦244年に、[曹爽]が『蜀征伐』の軍を起こすと、

[郭淮]も[夏侯玄]の下で先鋒として従軍していましたが、

形勢不利を知った[郭淮]はいち早く軍を脱出させ、

大敗されずに住みました。


●対蜀前線の総司令官へ
西暦247年~251年

西暦247年~248年、[諸葛亮]の後継[姜維]や[廖化]は、

『羌族』と手を結んで『魏』に侵攻しましたが、

[郭淮]は反対されつつも[廖化]を攻撃し、

[夏侯覇]を[姜維]に当たらせたところ、

[姜維]らは敗走していきました。


西暦249年、[夏侯玄]に代わって“征西将軍・都督雍涼諸軍事”となり、

対蜀戦線の総司令官になります。

この頃、以前より不仲だったという[夏侯覇]は不安を覚え、

『蜀』に亡命したと言います。


[郭淮]は長年の功績が讃えられていくのでしたが、

西暦255年に死去。大将軍を追贈され、子が跡を継ぐのでした。

[郭淮]の一族は、『晋王朝』にはそれぞれ高官になるのでした。

ちなみに小説『三国志演義』では、自分で射た矢を[脅威]に撃ち返され、

落命したことになっています。


●[王凌]らとの関係

『魏』の[王凌]は、皇帝廃位を目論んでいところを[司馬懿]に討伐され、

自害に追い込まれている出来事がありました。

[郭淮]の妻は[王凌]の妹であり、

一族と共に処断されそうになることがありましたが、

子供たちが額から血を流すほど懇願したため、

[郭淮]はそれを見過ごすことが出来ず妻を取り返すため、

[司馬懿]に言上し、彼らの罪を不問としたという出来事がありました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。