トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Yes!プリキュア5 第23話 「大ピンチ! 悪夢の招待状」

#423 (6)

「皆を傷つけたら、コレット壊すから! 私、本気だよ!
コレットが欲しいなら、ナイトメアの本部に連れて行って!
皆を、迎えに行くんだから!」
―夢原のぞみ

Yes!プリキュア5 第23話(シリーズ通話第168話)
「大ピンチ! 悪夢の招待状」

2007/7/15 現行放送



『Yes! プリキュア5』を前後編に分かつという、重要なエピソード。

しかしそれはプリキュアメンバー達の仲違いということで、

話が展開をしていってしまいます。


事の発端は、ナッツハウスに飾る飾りを、のぞみが壊してしまったところから。

りんから、うららへと、そしてこまちやかれんまで、

ギクシャクした関係が浮き彫りになってしまいます。


Aパート


一方ナイトメアでは、いつも負けているギリンマ君に、

事例が出されるものとなってしまいました。

更にいつも裏にいた、デスパライアの腹心、カワリーノも今回は出撃すると言います。


珍しく、メンバーが揃わない、そんな日がやってきました。

それぞれのすれ違いが、仲間の分裂を生もうとしていました。

のぞみは仲直りを望もうとしますが、

まずは、こまちとかれんの間に、追い詰められたギリンマが迫ろうとしていました。


そんなギリンマが使おうとしたのは、黒い仮面。

それを自らに装着すると、自分が自分で無くなる代わりに、

強大な力を発揮できると言うのです。

巨大な怪物と化したギリンマに襲われ、キュアミントとキュアアクアは、

カワリーノの手中へ―。

#423 (2)

心象世界にやってきてしまった、アクアとミントは、

そこで自分達の心を揺さぶる恐ろしい世界へと落ち込んでいくのです。

#423 (3)

恐ろしいコマチチャンに群れられるキュアミント。

Bパート

#423 (4)

キュアミントとキュアアクアが敵の手中に入ってしまう中、

りんとうららが珍しく仲違いをしてしまい、

そこを巨大化したギリンマに襲われます。


そして彼女達もカワリーノによって、心象世界へと、

落ち込んでいってしまい、自分の闇の部分に、

心を囚われてしまうのです。

#423 (5)

そしてナッツハウスにやってきたカワリーノ。

彼はのぞみに、他のプリキュア4人をすでに捕らえており、

ドリームコレットと引き換えであることを言うのです。

のぞみは、そのドリームコレットを引き合いに、

ナイトメアの本部に自ら乗り込んでいく決意をします。


のぞみと、ココ達が、ナイトメアに乗り込む時がやってきました。

単身、巨大な権力の象徴であるかのような、

ナイトメアに乗り込んできたのぞみ。

さらにそこで敵の首領である、デスパライアと対峙することになるのです。

しかしそこには、ナイトメアの仮面をつけ、

変わり果てた仲間達の姿が―。


このエピソードの注目点
「衝突するプリキュアメンバー」


#423 (1)

衝突してしまったプリキュアメンバー達。

仲間が5人もいるのだから、一度も衝突しない方がおかしいかもしれませんが、

彼女らには個性があるために、

こういった衝突が起きてしまうのです。


そこをつけ込んでくるのがナイトメアのカワリーノ。

これを待っていたと言わんばかりに、

のぞみ以外のメンバー達を仮面の呪縛に陥らせ、

彼女達を精神的に追い詰めてくる事になるのでした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。