トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第83話 「死を呼ぶウィジャ盤」

#083 (2)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ決勝編
第83話(シリーズ通話第83話)「死を呼ぶウィジャ盤」
2001/11/27 現行放送



ついに始まったバトルシティ決勝トーナメント。

獏良のオカルトデッキの前に遊戯は、攻勢を強めますが、

それはどうやら獏良の術中にあったらしく―。


獏良了【オカルトデッキ】VS 武藤遊戯【ブラック・マジシャン】


#083 (1)

「ダークサンクチュアリ」というフィールド魔法に、

よって展開されたところで、それは相手モンスターの魂に、

憑依した攻撃を行うことができるというもの。

怨霊に装備カードとして取り付け、コントロールを得る。

という厄介なもの。しかもダメージはライフポイント回復効果まであったのです。


更に獏良は、「ウィジャ盤」を発動します。

これは「D」「E」「A」「T」「H」

の文字が魔法カードとして発動された時、

それだけで勝利する事ができるという、特殊勝利に特化したカードなのでした。

獏良は元よりこれを狙っていたようですが―。

#083 (3)

獏良は「暗黒の扉」を発動し、1ターンに1度しか攻撃ができなくさせます。

更に怨霊は、ターンごとに憑依先を変える事ができるため、

遊戯は次に、「ブラック・マジシャン・ガール」の攻撃で、

自分がダメージを受ける事になったのです。


遊戯は、「ウィジャ盤」の残り文字の魔法カードをおけない、

と思っていたようですが、「ダークサンクチュアリ」は、

モンスターカードゾーンでも魔法カードを置くことができるのだとか。

このまま遊戯に行動をさせないまま、「ウィジャ盤」の文字を、

揃えるという作戦に出ます。


獏良のロックによって、「ウィジャ盤」が完成するのを、

待つだけになってしまった遊戯は、

残り2文字まで追い詰められてしまいます。


遊戯は「力の集約」という魔法カードを使い、

フィールド上の装備カードを全て「クリボー」に集めますが、

これは同時に怨霊の装備カードも「クリボー」に集まった事になるのです。

そして「悪霊払い」で悪魔族モンスターを全て破壊し、

更に「ダーク・ネクロフィア」が墓地ではなくフィールド上に、

強制的に戻されたことにより、しかも遊戯のフィールドに。

「ダークサンクチュアリ」は破壊されてしまうのです。


しかし「ウィジャ盤」はDEATHの5文字にまで残り1文字にまでなるのです。

カード1枚で、再びオカルトコンボを再生するための手段とは?


このエピソードの注目点
“ウィジャ盤の恐怖”


#083 (4)

「ウィジャ盤」は実際のデュエルでは使えないとも言われていますが、

こちらの獏良はそれに特化したデッキを持っているため、

遊戯にとっては脅威になる存在として立ちはだかります。

今まで特殊ルールで勝つことができるものが、

「エクゾディア」だけでしたので、これは新たな展開です。

「ウィジャ盤」は獏良のオカルトデッキとも相まって、

雰囲気を出すにはぴったりですね。


このエピソードの注目カード

#083 (5)

「ウィジャ盤」 -Destiny Board-

永続罠カード

「相手のエンドフェイズ毎に、手札・デッキから
「死のメッセージ」カード1枚を「E」「A」「T」「H」の順番で魔法&罠カードゾーンに出す。
自分フィールド上の「ウィジャ盤」または
「死のメッセージ」カードがフィールド上から離れた時、
自分フィールド上のこれらのカードを全て墓地へ送る。
全ての「死のメッセージ」カードが
自分フィールド上に揃った時、自分はデュエルに勝利する。」



『第2シーズン』『Labyrinth of Nightmare -悪夢の迷宮-』で登場した、

数少ない特殊勝利をもたらすためのカード。

相手のエンドフェイズに死のメッセージをフィールドに出すことができ、

ターンさえ経過すればその時点でどの状態であろうと、

必ず勝つことができるようになっています。


しかし特殊勝利カードの中でも最も難しい条件と言われ、

最大4枚ものカードを守る必要があり、

自分の魔法・罠ゾーンを圧迫する効果であるという大きな欠点があります。


ですが、何もないというわけではなく、

手札から使うことができるカウンター、宣告者など、

相手の攻撃を制限するカードを使う、【ウィジャ盤】というデッキも、

確かに存在するので、作ってみると面白い面もありますが、

アニメの獏良が使用したような引きの強さがないと、

実際に使うには難しい面も多いでしょうね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。