FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

舞-HiME 第26話(最終話) 「Shining☆Days」

舞-HiME #26

舞-HiME 第26話(最終話)「Shining☆Days」 2005/3/31 現行放送


舞-HiMEの最終話になりました。

タイトルは、オープニングテーマから来ているのでしょうけれども、

その前半戦は、激しく想いをぶつけ合う戦いをするので、かなり劇的と言えるでしょう。

さながら、舞-HiMEの集大成といったような戦いぶりと、

その想いのぶつけ合いを見ることができるのです。


最後の戦いは、ほとんど舞衣 対 命で動き、

元はと言えば仲が良かったはずのこの二人が、

最後の最後で、大スペクタクルな戦いを見せてくれるのが見物になっています。


そして、今まで12人のHiMEが敗北し、大切な人が失われてきたわけですが、

それもうまい具合に清算してくれる展開になっていたようです。

こちらは一安心でした。


激しい戦いも、黒き君を媛星を倒した上に、

舞衣のカグツチで倒してしまい、長き戦いに終止符を打つのでした。

実際、本格的な戦いは数カ月程度なのでしたが、それでも体感的には十分長いというものです。


一応、舞-HiMEを観ていた期間は3か月くらいだったのです。

しかしながらそれは、私としてもとても長き戦いだったように思えます。


きちんと後味の良い話にしてくれたのは嬉しいところで、

そういえば、死亡者は、黒き君のみということになるようですね。

皆、戻ってきた事で、めでたしという事だろうか。

残念ながら、今回、出番が少なかった、茜と、執行部長の遥に関しては、

「舞-乙HiME」の方で存分に活躍してくれるので、こちらに期待しましょう。


そして、ラストシーン。

なつきの背後からひょっこりと現れる姿は、

「舞-乙HiME」のヒロインである、アリカに他なりません。

中等部の制服で登場してくる姿は、次期ヒロインのさりげないサインだったようです。

風華学園にいたら、アリカはどんな感じで描かれていたのだろうでしょうか?


大団円を迎えつつも、次回作の「舞-乙HiME」にも十分に期待させてくれるアニメだったと言えますね。

数多く見てきたアニメでもベストに輝くほど、気に入らせてもらうのでした。


特に主役の中原麻衣さんの演技は、「ひぐらしのなく頃に」とはまた別の意味で名演技です。


舞-HiME 9
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。